ボタニカルアートの基礎知識

ボタニカルアートとは ≫

ボタニカルアートの起源

ボタニカル(botanical)とは、「植物の、植物学の」という意味の英語の形容詞です。
つまりボタニカルアートとは、植物学的に正しく描かれた絵画という意味になります。ボタニカルアートの起源は古代ヨーロッパとされ、有用な薬草を見極め知識を共有するために、植物を観察し図案化したことから始まったといわれています。
15世紀~16世紀前半の大航海時代には、香辛料を求めて航海に出発した商人や冒険家が、世界各地で発見した植物を画家に描かせて本国に持ち帰りました。こうして描かれた珍しい植物の絵が、当時のヨーロッパの人々の植物への関心を高め、描かれた絵をアートとして楽しむ文化が生まれ、17~18世紀以降に大流行し今に至ります。
こうした背景から、ボタニカルアートは植物学的に正確であるだけでなく、アートとして鑑賞に堪えるよう美しく描かれる必要があります。

コメント

タイトルとURLをコピーしました